お金のこと

「小児医療費助成制度」が「こども医療費」に変わります

西原町では、条例改正により平成27年10月診療分から通院医療費の助成対象年齢が小学校就学前まで拡大し、給付方法を「自動償還方式」へと変更します。  また、名称を「小児医療費助成制度」から「こども医療費助成制度」へと変更します。

西原町こども医療費助成制度のご案内

西原町では、こどもの医療費を助成することにより、その保健の向上とすこやかな育成を図り、もって子育て支援に資することを目的に、中学校卒業までのお子さんの医療費のうち、保険診療分の一部負担金等を保護者へ助成する制度です。

助成対象年齢(平成27年10月1日改正)

区分 改正後 改正前
通院 0歳~小学校就学前まで (満6歳になった日以後最初の3月31日まで) 0歳~3歳まで (満4歳になった日の属する月の末日まで)
入院 0歳~中学校卒業まで (満15歳になった日以後最初の3月31日まで) 0歳~中学校卒業まで (満15歳になった日以後最初の3月31日まで)

※3歳児以上の外来の場合は、保険医療機関ごとに1人につき1か月1,000円の自己負担金がかかります。

助成金の受給方法

自動償還方式とは

医療機関等での受診の際に、病院窓口でこども医療費助成金受給資格者証とこどもの健康保険証を提示し、医療費の支払いをしていただくと、その後、町役場窓口での助成金支給申請(領収証の提出)を必要とせずに、後日、登録された口座へ自動的に助成金が振り込まれます。

●自動償還方式の詳しい説明はこちら【PDF:703KB】

町役場窓口での申請(償還払い)

次の場合は、窓口での申請手続きが必要です。
  1. 平成27年9月30日までに受診された場合
  2. 医療機関にて、受給資格者証を提示しなかった場合。
    (毎回の提示が原則となります。受給資格者証の提示をお願いします)
  3. 県外の医療機関で受診された場合。
  4. 自動償還払いを導入していない医療機関・調剤薬局で受診された場合。
    (受診の際に医療機関窓口にて「自動償還方式」を導入しているのか確認してください。)
  5. 医療機関で自己負担額に未払いがある場合。
    (医療費の自己負担分を全額支払い後、町役場窓口にて申請手続きを行ってください)
  6. 補装具等の自己払いがある場合
手続きに必要なもの
  1. 受給資格者証
  2. こどもの健康保険証
  3. 印鑑(認印可・シャチハタ不可)
  4. 領収証

助成対象者

0歳から中学校卒業までのこどもの保護者

対象となるこどもが健康保険に加入し、本町の住民基本台帳に記録されていること。ただし、次に該当する場合は対象になりません。

  1. 対象こどもが、生活保護法による保護を受けている場合
  2. 対象こどもが、他の条例等に基づき医療費の助成を受けることができる場合

助成対象となる医療費

保険診療による保険適用一部負担金等(自己負担額)です。ただし、高額療養費、家族療養費、付加金、学校災害共済給付金等が支給される場合は、その分を除いた金額が助成されます。

助成対象とならないものの例

・健診・予防接種・文書料・薬の容器代・入院時の食事療養費標準負担額 などの自費分については対象外です。

高額療養費とは

保険診療を受けるときに支払った自己負担額が高額になり、高額療養費算定基準額を超えた時、超えた分が高額療養費として、加入する医療保険者へ申請すれば給付されます。

家族療養費付加金とは

 加入する医療保険で家族療養費付加制度がある場合、ひと月に医療費の自己負担額が一定額(加入する医療保険で異なります)を超えたときは、超えた分について医療保険者から給付されます。

※同月、同医療機関での診療にかかる自己負担額が21,000円を超える場合は、高額療養費や家族療養附加給付金等の確認のため支給が遅れる場合や、窓口でのお手続きが必要な場合があります。

お問い合せ先
健康支援課 保健予防係(母子保健担当)
電話:098-945-4791

お問い合わせ窓口はこちらです。

児童手当 ひとり親家庭 心身の発達の気になる児童