お金のこと

 西原町人材育成会では、町の発展に寄与する人材の育成を目的として、西原町出身で、高等学校・高等専門学校・大学(短大)・海外の大学(短大)に進学、在学する生徒に対し学資を貸与しています。
 詳しくは下記の募集要項等をご覧ください。
※出願書類の受付は、毎年3月1日~3月31日の期間のみ行っておりますのでお気をつけ下さい。

貸費生の種類、募集人員、貸与月額等

種別 採用予定人員 貸与月額
高等学校 若干名 10,000円
高等専門学校(1年次~3年次) 若干名 10,000円
高等専門学校(4年次~5年次) 若干名 30,000円
県内大学(短大) 若干名 30,000円
県外大学(短大) 若干名 40,000円
海外大学(短大) 若干名 40,000円

※各種専門学校及び看護学校等は該当しません。

応募資格

• 西原町内に住所(一時的な居住はのぞく)を有する者の子弟のうち、優秀な学生、生徒で経済的理由による修学困難な者
• 学校教育法による高等学校・高等専門学校・大学・海外大学(学校教育法による大学と同等の教育課程をもつ学校)に在学又は入学決定している者
• 独立行政法人日本学生支援機構、地方公共団体又は民間育英団体等から学資金の貸与を受けていない者
• 貸与した学資金の返還義務を確実に履行できる者

学資金の貸与及び返還

1. 貸与
  1. 学資金の無利息
    学資金は無利息で貸与されます。
  2. 学資金の振込
    学資金は本会が指定する金融機関に設けられた貸費生名義の預貯金口座に振込みします
  3. 貸与期間
    平成28年4月から在学する学校の最短修業年限の終期までの期間です。
  4. 誓約書・学資金借用証書の提出
    貸与の際には、連帯保証人(保護者及び保護者以外で別生計の55歳以下の方)を立てて誓約書・学資金借用証書を提出していただきます。
2. 返還

 学資金は学資として貸与されたものですので、貸与終了後(卒業、辞退等)は必ず返還しなければなりません。
 返還金は直ちに学資資金となり、後輩に貸与されます。

  1. 学資返還計画書の提出
    貸与終了後は、返還方法を取り決めるため、学資返還計画書を作成し、提出していただきます。
  2. 返還期間
    学資金の貸与終了の翌月から6ヶ月経過後に始まり、7年以内で返還を完了しなければなりません。
  3. 返還方法
    返還は、預貯金口座からの自動引き落しにより返還することになります。

*なお、自動引き落しに関する手数料は、返還者の負担となります。(1回¥140+消費税)

3.募集要項・申請書(平成28年度)

申請の流れ

3月中 申請書の受付


4月 申請書類等の内容確認作業


4月~5月 審査委員会 開催


4月~5月 決定通知 (不採用通知)


5月 「誓約書・学資金借用証書」等提出手続き(決定した場合)


5月~6月 貸与交付式


6月 学資貸与 (本人の口座へ入金開始)

 ※毎月15日 (土日祝日は繰上げ入金)振込み

 ※6月のみ4・5・6月3ヶ月分入金

  • • 申請後、実際に貸与が開始されるのは、6月を予定しています。ご注意ください。
  • • 決定通知後「誓約書・学資金借用証書」の作成時、連帯保証人(保護者・保護者以外で別生計の55歳以下の方)の2名が必要になりますので準備をお願いします。
  • • 毎月4日に成績証明書・在学証明書の提出をお願いします。
  • • 申請者本人及び保護者・連帯保証人の氏名・住所・その他重要な事項に変更があった場合は届出をお願いします。
  • • 学資の返還は、卒業後6ヶ月経過後から始まり、7年以内に返済していただきます。

その他学資金情報

 西原町人材育成会の他にも、独立行政法人日本学生支援機構や(財)沖縄県国際交流・人材育成財団にも同様の制度があります(西原町人材育成会の学資金貸与との併用はできません)。
 対象や条件に違いがありますので、ご参考ください。

お問い合せ先
教育総務課
電話:098-945-3655
児童手当 ひとり親家庭 心身の発達の気になる児童