お金のこと

 西原町では就学援助事業を行っています。この制度は、経済的な理由で就学が困難な児童生徒の保護者に対して費用の一部を援助するものです。
 就学援助を希望される場合は、次に掲げる事項に留意の上、各学校へ申し出てください。

1.対象者

 西原町に住所を有し、西原町立小中学校に在籍する児童生徒の保護者、又は、区域外就学手続きをおこない西原町内の小中学校へ在籍する児童生徒の保護者

  1. 生活保護を受けている方(要保護)
  2. 生活保護は受けていないが、これに準ずる程度に生活が困窮していると認められる方(準要保護)     
  3. 具体的には、平成29年中の収入で、同居の家族(住民票は別でも同一生計の人は含む)全員の総収入額が下表の基準額未満の世帯の方

 

【認定基準額参考例】‥‥目安となる基準

世帯 家族構成 総収入額
2人 親1人・小学生1人の場合 146万円
3人 親1人・中学生1人・小学生1人の場合 208万円
4人 両親・中学生1人・小学生1人の場合 250万円
5人 両親・中学生1人・小学生1人・4歳の場合 279万円

※ここでいう収入とは、以下の算式で算出した額を言います。
収入=所得税法上の所得の合算額-所得控除(社会保険料、生命保険料、 地震保険料の控除)

2.援助費目

 学用品費・校外活動費・修学旅行費・医療費・学校給食費
※要保護(生活保護)世帯として認定された場合は医療費・修学旅行費に限る。
※給食費や学校徴収金等に滞納がある際は保護者ではなく、学校長へ振込みをする場合もあります。
※区域外就学の場合は支援費目が限られます。住所地の市町村及び学校所在地(公立)の市町村にお問い合わせください。

3.申請方法

 補助対象者で就学援助を希望される方は、次の要領で学校に申請してください。

【受付期間】

平成30年4月16日(月)~平成30年5月25日(金)

【提出書類】
    • ① 就学援助申請書(学校の事務室か教育委員会で配布。また、下記より様式をダウンロードもできます)
    •    ○2018申請書 様式2 PDF
    •    ○2018申請書記載例 PDF
    • ② 住民票謄本(続柄の記載されているもの) 一部
    • ③ 平成30年度所得課税証明書の原本(同一世帯者のうち18歳以上の者全員、収入・控除・税額の記載があるもの)
    • ④ 保護者名義の預金通帳の写し(支店名・口座番号・口座名義人等が確認できるページ)

※生活保護を受けている方は、①、②、④と被保護証明書を提出してください。
※②及び③の書類については、平成30年1月1日に西原町に住民登録があって所得・住民情報を教育委員会が確認することに同意する方は提出不要です(同意されない方は先に①、②、④を提出し、③所得課税証明書は6月1日以降お早めに提出してください)
※平成30年1月1日に西原町以外に住民登録のあった方は、西原町に税の情報がないため、6月1日以降お早めに③所得課税証明書を提出してください。

【提出先】
就学先の西原町立小中学校(お子さんの在籍する学校ごとに申請書を提出してください)

4.追加申請について

 上記「3.申請方法」にある受付期間を過ぎても、下記期限までは追加申請を随時受付ています。
 ただし、申請月からの援助支給になり、援助額が減額されます。

【追加受付期間

  平成31年3月22日(金)まで

 

お問い合せ先
各小・中学校または教育委員会 教育総務課 学務係
電話:098-945-5039
ファックス:098-945-6770

お問い合わせ窓口はこちらです。

児童手当 ひとり親家庭 心身の発達の気になる児童